NISSAN MECHANIC CHALLENGE

日産にしかない、舞台がある

運転が自動に。燃費は電気に。

クルマがどれだけ形を変えても

その隣に整備士がいることは、これからもずっと変わらない。

クルマの可能性に挑み、進化し続ける日産には、

自分の可能性に挑み、進化し続ける整備士が必要だ。

さあ、だれもやっていない挑戦を始めよう。

それが日産の整備士だから

NISSAN MECHANIC CHALLENGE とは

「ひとりでも多くの若者をクルマ好きにしたい」という思いから始まった。 日産自動車・日産自動車大学校・KONDO Racing が共同で取り組む人材育成プロジェクト。 全国の日産販売店から選抜されたテクニカルスタッフ(以下TS)と日産自動車大学校の学生が、近藤真彦監督率いるKONDO Racing と共に、国内最高峰レースである「SUPER GT・GT300」の舞台に挑む。 TSはレース1週間前から予選、決勝当日までKONDO Racing Teamと全ての活動を共にする。 日々の業務で培った技術力を武器に、チームの一員としてレーシングカーの整備などを行うことで勝利に貢献するだけでなく、普段の業務では得ることのできないスキルや経験の獲得を目指す。

詳しくはこちら

2020年10月3日(土)~4日(日)第5節 富士スピードウェイ初優勝

▼ 9/28~29
レース一週間前、横浜にあるKONDO RacingTeamのピットに、各レースごとに全国から選抜された6名のテクニカルスタッフ(以下TS)が合流する。 初めての場所で初めて出会う仲間達と、これからの一週間、チームの勝利に向けて共に活動する。 TS達は今まで扱ったことのないレース仕様のGT-Rを前に緊張と興奮を覚える。 プロのレースメカニックにレースの整備を教えてもらいながら、共にサーキットへ持ち込む前のレース車両の最終整備を入念に行い、3日目の夕方にレース車両を積み込む。

▼ 10/1~2
4日目の朝、レース車両と共に横浜を出発し会場となるサーキットへ向かう。 サーキットに到着するとすぐにピットの設営に取り掛かる。 設営が終わると、車両の整備が始まる。夢にまで見たサーキットのピット内。 そこに自分がいてレース車両の整備を行っている。 夢が現実になったという不思議な感覚を味わいながら、チームの勝利を願い最終整備と仕上げを行う。 5日目の午後に公式車検を行い、前日準備を終える。

▼ 10/3~4
待ちに待ったレースがスタート。 勝敗はドライバーだけで決まるものではない。 チームに携わる全員が同じ勝利を目指し、協力し合いながら各々の役割を果たした結果である。 TS達はレースが終わるまでは一瞬の油断も許されない。 刻々と変化するサーキットコンディションに対応するため常にきめ細かい判断が求められる。 レース中も何かあればすぐに対応できる態勢を取りつつ、ドライバーと車両を信じレースを見守る。

 

《レース模様》
予選はトップタイムをマークするなど好調の走りを見せ、6番手となり優勝が期待できるポジションを獲得。
翌日の決勝。車両との接触でセーフティーカーが導入される波乱のスタートとなるも、前走車を次々と捕らえてトップに躍り出る。
その後一時トップを譲るが、好調な走りを維持し2位と約23秒の大差をつけて初優勝。
2年目の日産メカニックチャレンジは「優勝」という素晴らしい結果で幕を開けた。

羽賀 清隆

店舗支援本部アフターサービス部

羽賀 清隆(はが きよたか)

2004年 入社
2004年4月~2009年3月松本工場
2009年4月~2017年3月豊科店 
2017年4月~2020年3月松本工場(NISSAN GT-R認定TS)
2020年4月~TS育成のため本社勤務

仲間とともに、モビリティの新しいステージへ。

ENTRY